ララランドー夢と現実を描いた現代のミュージカル最高傑作

俳優

ついに2019年2月8日「金曜ロードショー」にて地上波初公開となった

ラ・ラ・ランドーLaLaLandー


ラ・ラ・ランド(字幕版)

観れば観るほど深みのある映画。私の好きなシーン、本音も含めご紹介!

あらすじ

女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。しかしまた別の日に再会し、互いの才能と夢を叶えようとする姿に惹かれあい、恋に落ちる…。二人の恋愛模様はどう彩っていくのか、そして夢を叶える事ができるのか…

監督/出演者

View this post on Instagram

Positive Vibes ✨

A post shared by Movie Fancier (@moviefancier) on

監督:デイミアン・チャゼル 

代表作:「セッション」「ファースト・マン

出演:

セバスチャン役 ライアン・ゴズリング

ミア役 エマ・ストーン

エマストーンはこの作品で【アカデミー賞 主演女優賞】を受賞。

注目ポイント

 

劇中を通して【歌、ダンス】…全てが魅力的

オープニングのハイウェイでのシーンで一瞬で心を掴まれ、

Someone In The Crowd」 で一気にララランドの世界観に引き込まれる。

そして駆け抜けるようにストーリーが続き。最後まで掴まれたハートが離れない!!

ロケ地LAの雰囲気色使いの美しさ!

どのシーンを切り取っても画がとてつもなく美しいのがこの映画の魅力。

マジックアワーに撮っている6分間のワンカットシーンを初め、

プラネタリウムでのワルツ。

ネオンや、スポットライトの光、気持ちの変化を表しているように変わる衣装、背景の色合い、飾ってある花1つとっても美しい。

夢と現実の表現の巧みさ

前述の画の美しさは本当に「夢」の中にいるような気分になります。

でもストーリーはかなり現実的。夢に対する葛藤や夢を追いかけ続けることの厳しさ。そしてラストも。

夢物語ではないリアリティこそが、この映画の共感を得られる部分なのではないかなと私は思っています。

映画へのリスペクト 沢山のオマージュ作品

何と言ってもこの作品は、現代のミュージカル映画。

そしてデイミアンチャゼル監督は、映画へのリスペクトがある監督。

沢山のミュージカル作品のオマージュがララランドには含まれています。

私もそれを聞いて何十本も映画を予習してから、ララランドを観に行きました!(それについてはまたいつか)

その散りばめられた王道ミュージカル映画の名シーンの数々が映画を更に彩っています。

レビュー ネタバレあり

ここからはLalalandを5回鑑賞した私の本音トークを。

歌も映像も圧巻で。何度観ても感動し、ほろほろ泣いてます。笑

出演者も素晴らしすぎて、むしろこの出演者じゃなければ成立しなかったと思いますし。

実は賛否両論ある映画!!

何を隠そうこの映画をネットで調べると、「ララランド 鬱」「ララランド 現実的」「ララランド 辛い」と、割と否定的な意見も散見されます。

その理由はもちろんラストシーンでしょう。

ミアは女優として大活躍し、セバスチャンも自分の好きな音楽を突き詰めます。しかしお互いは別々の道を進むのです。

そう、これが賛否の理由です。

しかし、エンディングの妄想のシーンが本当に美しかった。

だからきっと観ていた人は2人が恋愛としても戻って欲しかったんですよね。

私は前述のように、ララランドを観るために何十本も映画を予習しました。

ミュージカルの映画の王道はハッピーエンドです。ララランドという映画に終始引き込まれていた分、最後にはハッピーエンドがあってほしかった。

もちろんお互い夢を叶えているというところではハッピーエンドです。

でも恋愛も…と欲張りたくなってしまうのです。

まとめ

でもこの映画が評価された理由は、【夢と理想と現実のコントラスト】だと思うのです。

観れば観るほど好きになる現代の傑作ミュージカル作品

だと思います。まだ鑑賞されていない方は、是非!!

コメント

  1. […] 【メリーポピンズ リターンズ】あらすじ・出演者・感想・ネタバレ 俳優 ララランドー夢と現実を描いた現代のミュージカル最高傑作 monthly recommend 最新オススメ映画!今月公開の注目映画3選-2019年2月- […]