ラミマレック-演技力に脱帽…ボヘミアンラプソディで話題の彼に迫る-

役者/監督

「ボヘミアンラプソディ」フレディーマーキュリー役を演じ、

ゴールデングローブ賞最優秀男優賞そして、アカデミー賞主演男優賞を受賞したラミマレックに迫ります。

ラミマレック RamiMalek

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Academy(@theacademy)がシェアした投稿

1981年5月12日生まれ、現在、40歳。
日本での興行収入は、612万人を超え、2018年公開の洋画で1位に躍り出た「ボヘミアンラプソディー」。
日本中にボヘミアンラプソディー現象を巻き起こしました!
2019年4月に待望のDVDが発売されました。


Amazon限定でスチールブック仕様や

Tシャツまでついてるなんて…ファンにはたまらない一品になりそう!
スポンサーリンク

ラミマレックの演技力に注目!!

ラミマレックでは世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで45歳という若さでこの世を去った
フレディーマーキュリー役を演じました。
「ボヘミアンラプソディー」が日本で現象的な人気になっているのは、
【ラミマレックの演技の賜物】だと思います。

ラミマレックの徹底された≪再現度≫の高さでファンを魅了

ボヘミアンラプソディーが評価されている理由は、
往年のクイーンのファンをも魅了する徹底された再現度!
話し方や、立ち方、手の仕草。マイクの握り方やライブのパフォーマンス中の魅せ方など、
フレディーマーキュリーのクセを徹底的に研究したそうです。
映画を観た方、フレディーのファンの方は分かると思いますが、歯に目が行ってしまう場面はありませんでしたか?
ラミマレックはフレディーの研究をする中で、
「フレディは歯にコンプレックスを持っていた。それは彼が唇や手で歯を隠そうとしているのがわかったから」
とインタビューで答えています。
彼のコンプレックスであり、トレードマークだったことを、ナチュラルに、そして忠実に表現しています。
やはりこの映画を観て、凄かったな…と思うのはやはりラミマレックの演技力でした。
もっとボヘミアンラプソディについても語りたいのですが…ラミマレックは他の作品もご紹介したいと思います。

ラミマレックのデビュー作は?

デビュー作は、大学卒業後に「ギルモア・ガールズ」というテレビドラマにゲスト出演。

その後、いくつかのドラマ出演を重ねました。

そして、彼のスクリーンデビューとなった作品は…日本でも話題になった、ナイトミュージアム シリーズなのです!


ナイトミュージアム (字幕版)

左に移っているのがラミマレックです!
ボヘミアンラプソディーと全く違う印象ですが、間違いなくラミマレック!
ここから、アカデミー賞主演男優賞に輝くとは…大出世ですよね。

ボヘミアンラプソディのあとは何に出演?


パピヨン(字幕版)

1973年脱獄映画の金字塔と言われた映画のリメイク版「パピヨン」に出演しました。現在は、配信中。

紙幣をねつ造した罪で服役中の男ドガ役をラミマレックが演じます。


次回作は?

皆さんが楽しみにしている「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」への出演が決まっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

James Bond 007(@007)がシェアした投稿

コロナ禍でずっと延期されている本作。早く観たいです…

まとめ

演技派俳優として世に名を知らしめたラミマレック。これから更にラミマレックから目が離せません!!

コメント

  1. […] ボヘミアンラプソディ「ラミマレック」 […]