バレットジャーナルにおすすめの文房具

LifeStyle

バレットジャーナルにおすすめの文房具

わたしのバレットジャーナルで使っている文房具やシール・マスキングテープなどのアイテムをご紹介します。

これからバレットジャーナルをやりたいと思っている方の参考になればうれしいです。

■ノート ロイヒトトゥルム  A5 ドット方眼


ロイヒトトゥルム ノート A5 方眼 パウダー 361575 正規輸入品

完全に「形から入るタイプ」なので、ロイヒトトゥルム1917にしました。

バレットジャーナルの考案者ライダー・キャロル氏もこのロイヒトトゥルムを使っていたので、
最初はこれでやってみようと思い始めました。

カラーバリエーションもたくさんあるので、選べる楽しさがあるのでおすすめ。
毎日持ち歩いてもボロボロにならない頑丈さもあって、これにしてよかったな~と思っています


私は薄ピンク色「パウダー」を選択しました。
他にもバレットジャーナルで人気なノートのロディア」 
書き心地の良さが追求された日本製のミドリMDノート」

も人気。

でも使い始めて思ったのは、毎日触れるものだから、さまざまな評判を気にせず、

自分のお気に入りのノートを見つけることが、バレットジャーナルを続けられる”最大の秘訣“かもしれないと思いました。

だから妥協せず、お気に入りのノートを探してみてください。

■トンボ鉛筆  ABT 12色セット パステル


トンボ鉛筆 筆ペン デュアルブラッシュペン ABT 12色セット パステル AB-T12CPA

バレットジャーナルで大活躍してるのがこれ「ABT 12色セット パステル」なくてはならない存在になっています!

とにかく発色がきれいだし、ロイヒトトゥルムではほとんど裏移りしないのがおすすめポイント。

ABT 12色セット パステル」は個人的には捨て色がないのでおすすめ


■マイルドライナー


ゼブラ マイルドライナー 5色セット ほんのり蛍光色 和みマイルド色 渋マイルド色 3点セット

人気の蛍光ペン「マイルドライナー」シリーズ。

私は「渋マイルド色」を使っています。

最近、わたしのバレットジャーナルでは使用頻度は、最近低めですが、
仕事では結構使っているので、持っていて損はなかったかな

文具店にいけば1本買いもできるので、お気に入りの色を買い足すのもありかも


■コクヨ エンドレススタンプ 数字セット /シヤチハタ スタンプ台

自分の書く数字が好きじゃなくて、導入しました

私のバレットジャーナルはウィークリーログを大事にしているので、こんな風に使っています。



 

■シール/マスキングテープ

日本の色見本帖 マスキングテープ

ワンポイントになるのでお気に入りのシール。

こんな感じで使っています。

最近は100円均一の「セリア」で同じようなもの見つけたので、それを使っています。

シンプルなマスキングテープは100円均一「ダイソー」で都度、欲しい色を購入しています。

でもよく調べたら、カモ井加工紙 マスキングテープ mt 10色セット が100均で買うより安かったなぁ…と若干の後悔。


購入したマスキングテープは、15mmなので幅を切りたいときは、 カッターマット を使って調整しています。

持っているマスキングテープたち。

結構たまってきたなぁ…柄物のマスキングテープは人気のmtやBGMをよく購入します。

まとめ

ノートとペン1本でできるのがバレットジャーナルのいいところ。
ですが、こだわって自分の好きにできるのもまたバレットジャーナルの良いところ

少しでも参考になったら嬉しいです。

コメント